念仏宗と宗派と宗教の慣習について
Show MenuHide Menu

念仏宗やプロテスタント、宗派と宗教と慣習

「世界でもっとも売れている本はなんですか?」って聞かれたら、あなたはどんな本を思い浮かべますか?シェークスピアのロミオとジュリエットなんかそれっぽいですよね。あとは不思議の国のアリスだとかもあり得ない話じゃない。でも、じつはもっとドラマティックで、もっともっと壮大なストーリーの物語があって、それこそが世界でもっとも読まれていて、なおかつ求められ続けている本が。それは、キリスト教の「聖書」です。日本人にとって念仏宗や浄土真宗などの仏経の方が馴染み深いですが、全世界に広がる聖書の世界観は、知らず知らずのうちにわたしたちの常識的な考え方や、価値観に浸透しています。そうしたに常識的な観念に、念仏宗だとかっていう宗派などはあまり関係ありませんが、少なくとも誰もが考えている以上に、宗教的な慣習はわたしたちの生活に欠かせない存在として、教育における規範の一つとして、人生の目的地を指し示す考え方の一つとして、用いられています。

念仏宗などの仏経としての考え方と言葉

言葉にはたくさんのチカラが備わっている。そうして生まれたのがマントラであり、真言である。また、そうした言葉には別の言い方として、言霊ともいう。あらゆる宗教的な観点に共通して言えることは、言葉にはなにかしらのチカラが宿っていて、知らず知らずのうちにわたしたちは普段の生活の中でそれを使ってきていた、ということだ。たとえば、「いただきます」念仏宗などの仏経における教えのひとつだ。作ってくれた人、素材となってまたわたしたちの身体に吸収されていく生き物だった存在に感謝し、ありがたくいただくからそのようにいう、という話をきいたか聞かなかったか。そいそういう瞬間瞬間に、人と周りのあらゆる存在をつなぐ縁のラインを引いているのかもしれません。また、念仏宗などの仏経的な考え方として、輪廻転生の話がよくよく言われますし、多くの人は信じていらっしゃる事でしょう。しかし、じつはキリスト教ではそのような教えはありません。

© 2016 念仏宗と宗派と宗教の慣習